リップル (XRP) の解説 – 仮想通貨データベース

リップル (XRP)の概要

2004年にカナダのエンジニアであるライアン・フッガーによって考案された決済プロトコルです。Ripple プロトコルと分散型台帳技術の統合が開始されました。
2012年に最初にリリースされたリップルはリアルタイムの送金ネットワークです。
リップルは、共有されたパブリックデータベースに基づいています。
パブリックデータベースは、サーバー間でコンセンサスプロセスを使用します。
リップルプロトコルは、当事者間のお金の即時かつ直接的な転送を可能にするためのものです。
仮想通貨リップル( Ripple ・ XRP )とは、デジタル資産です。RippleのトークンXRPは、Bitcoin、Ethereum、Litecoinなどの他の暗号化された通貨と同じように採掘されません。

発行枚数は1000億 XRP で、プログラム上これ以上追加発行されることはありません。
リップルの最終的な目標は、「価値のインターネット( Internet of Value 、IoV )」を実現することです。
あのメガバンク東京三菱UFJ銀行がリップルを使ったネットワーク利用を表明した2017年3月から価格が高騰し約6倍近くの値上がりを見せ大きな注目を集めました。

リップルプロトコル(XRPとして表されるトークン)は、2人の当事者間のお金の即時かつ直接的な転送を可能にするためのものです。あらゆる種類の通貨を、通貨換金から金まで、航空会社のマイルまで交換することができます。彼らは、伝統的な銀行業の料金や待ち時間、さらには取引所を通じた暗号化取引を避けると主張しています。

リップルの価値提案とは何ですか?
ここでの値は、Rippleネットワーク自体と、XRPトークンではなく世界中の資産を迅速に移動する能力です。

リップル (XRP)の価格