仮想通貨の確定申告について(税金計算)

仮想通貨での確定申告ルール

仮想通貨で得た利益の課税は2017年12月に原則として「雑所得」であると見解を発表しました。雑所得は給与所得など他の所得と合算し税金を計算することとなる。

給与所得者の場合は年間の利益が20万円を超えなければ確定申告を行わなくていいが、
年間20万円以上の利益が出ている場合は確定申告が必須となる。

日本の税制は累進課税制度なので高所得者ほど高い税率を納めなければならない。
最大の税率は55%である。

・トレードの詳細をきちんと記録する(取得価格)
医療費控除やふるさと納税を行う場合は20万以下の利益でも申告が必要

仮想通貨が課税されるパターン

1.仮想通貨を売却した場合
2.仮想通貨で買い物をした場合
3.仮想通貨と仮想通貨を交換した場合
4.マイニングなどで収入を得た場合

課税される所得金額 税率(%) 控除額
195万円以下 5 0円
195万円超~330万円以下 10 9万7500円以下
330万円超~695万円以下 23 42万7500円
695万円超~900万円以下 23 63万6000円
900万円超~1800万円以下 33 153万6000円
1800万円超~4000万円以下 40 279万6000円
4000万円超 45 479万6000円