仮想通貨

9つのビットコインETFが否認 今後有力視されるのはこのビットコインETF

9つのビットコインETFが否認

ビットコインETFの審査結果が本日朝方SECにより否認を受けました。
当初はProsharesの2つのビットコインETFの審査結果が出るものとされてきましたが、
審査結果期限日前のETFの審査結果も同時に出るという結果となっています。
否認された理由は今回も「価格操縦」や「詐欺対策」などが不十分で認めるに値しないというものです。

– 本質的に価格操縦の耐性がない
– 規制で価格操作を適切に抑止できていない
– 市場の完全性を保護するのに十分な状況ではない

市場の反応としては元々期待されていたものではなく、否認ではという意見が多く、ポジションはショートという人も多く市場の反応は薄いものとなっております。

残されたCBOE VanEck/ SolidX ETFとは

唯一残されたのはCBOE VanEck/ SolidX ETFとなり、このETFのみに期待を込める声も多いようです。なぜ、他のETFは審査結果がすぐに出たのにこのCBOE VanEck/ SolidX ETFのみでなかったという意見もあり、憶測と推測が流れています。CBOE VanEck/ SolidX ETFの審査は2回目となり、審査期限は9月30日となりますが、否認か延長の発表が考えられます。

ツイッター上の反応

ABOUT ME
とあるトレーダー
為替からはじまり、仮想通貨へ流れてきたトレーダー歴12年のとあるトレーダーです。仮想通貨をはじめ、株や為替も現在進行形で投資しています。