Bakkt

ニューヨーク証券取引所の親会社が新たな企業Bakktを立ち上げ

ニューヨーク証券取引所の親会社が新たな企業Bakktを立ち上げ。

Bakkt は既に仮想通貨決済のプロジェクトを進めており、(ボストンコンサルティンググループ。
スターバックスは仮想通貨決済を導入する「旗艦小売業者」としてBakkt の提供する仮想通貨決済システムを受け入れる可能性があると声明を出している。
(401k )、個人退職口座( IRA )と仮想通貨を関連付けるプロジェクトも進行中
既に公式サイトもオープンされているようだ。

インターコンチネンタル・エクスチェンジ( ICE )がBitcoin 取引プラットフォームを開発していたことが5月に報告されました
ニューヨーク証券取引所( NYSE )と緊密な関係を持つICE が手がけるプロジェクトには期待感があります。
米国の消費者の支払いシステムにBitcoin が組み込まれる要因となる可能性があります。
スターバックスはプロジェクトに関わる「旗艦小売業者」と称し、Bakkt システムを通じて変換されたBitcoin を受け入れようとしている可能性を示唆しています。
「旗艦小売業者として、消費者がスターバックスで使用するためにデジタル資産を米ドルに変換するための信頼できる規制されたアプリケーションを開発する上で役割を果たすだろう。」
「1500万人以上のスターバックスリワード会員に革新に取り組んでいます。」
Bakkt がもたらす意味はもちろん、仮想通貨のモバイル決済だけではありません。
フォーチュン紙が指摘しているように、可能性があります。
とりわけ、仮想通貨を401( k )、IRA およびその他の退職制度にとってより安全な選択にするのに役立つ可能性があります。
それはBitcoin をウォールストリートの取引の拡大に向かわせるのに役立つかもしれません。

Twitter上の反応

ABOUT ME
とあるトレーダー
為替からはじまり、仮想通貨へ流れてきたトレーダー歴12年のとあるトレーダーです。仮想通貨をはじめ、株や為替も現在進行形で投資しています。